• HOME
  • > 新着情報 > トピックス > 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会記念貨幣(第三次発行分)打初め式における打初め者について(2019年11月7日)

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会記念貨幣(第三次発行分)打初め式における打初め者について(2019年11月7日)

令和元年10月11日に報道発表しました「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会記念貨幣(第三次発行分)の打初め式について」における打初め者につきまして、下記のとおりお知らせします。

打初め者 布村 幸彦
(ぬのむら ゆきひこ)
公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
副事務総長
沖口 誠
(おきぐち まこと)
北京オリンピック競技大会
体操男子団体総合 銀メダリスト
田知本 遥
(たちもと はるか)
リオデジャネイロオリンピック競技大会
柔道女子70 ㎏級 金メダリスト
上山 友裕
(うえやま ともひろ)
リオデジャネイロパラリンピック競技大会
アーチェリー男子個人リカーブオープン 7位入賞
財務省代表者※
川嶋  真
(かわしま まこと)
独立行政法人造幣局理事長
 ※財務省代表者については未定です。

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会記念貨幣(第三次発行分)の打初め式について

「トピックス」のページへ