• HOME
  • > 新着情報 > トピックス > 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会記念貨幣(第三次発行分)の打初め式について(2019年10月11日)

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会記念貨幣(第三次発行分)の打初め式について(2019年10月11日)

令和元年10月11日
独立行政法人造幣局

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会記念貨幣(第三次発行分)の打初め式について

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会記念貨幣(第三次発行分)の製造を開始するにあたり、 下記のとおり打初め式を実施しますのでお知らせします。

1.日         令和元年11月8日(金曜日)14時から
2.場         独立行政法人造幣局(大阪市北区天満1-1-79)
3.所要時間 約60分
4.打初め者
   (予定)
公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック
   競技大会組織委員会代表者
沖口 誠(おきぐち まこと)
   北京オリンピック競技大会
    体操男子団体総合 銀メダリスト
田知本 遥(たちもと はるか)
   リオデジャネイロオリンピック競技大会
    柔道女子70 ㎏級 金メダリスト
上山 友裕(うえやま ともひろ)
   リオデジャネイロパラリンピック競技大会
    アーチェリー男子個人リカーブオープン
    7位入賞
財務省代表者
川嶋  真(かわしま まこと)
   独立行政法人造幣局理事長
※打初め者については、決まり次第、改めてお知らせします。
5.打初め貨種 東京2020オリンピック競技大会記念貨幣(第三次発行分)一万円金貨幣、千円銀貨幣、百円クラッド貨幣
東京2020パラリンピック競技大会記念貨幣(第三次発行分)千円銀貨幣、百円クラッド貨幣

※貨種の名称をクリックしていただくと、財務省ホームページの図柄説明[PDF]をご覧いただけます。

「トピックス」のページへ