2階体験コーナー

千両箱

みなさんは、時代劇でねずみ小僧が担いでいる箱をご存知でしょうか?体験コーナーでは、実際に千両箱の重さを体験することができます。
千両箱は本来、小判1000両などを収納できる箱で、保管・貯蔵・運搬に便利なように考えられており、用材は樫木を用い鉄帯や金具で頑丈にできています。
体験コーナーにある千両箱は、慶長小判(1枚約18g)が1,000枚入るものであり、箱の重さを含めて約20㎏になります。

千両箱の画像

ページ先頭へ

貨幣袋

検査工程で合格した貨幣は厳重に計数した上、袋詰めを行います。その際、表記紙に検査年月日を記入して造幣局における全工程を終えます。 その後、財務省を通じて日本銀行への引渡しを行っています。
実際に重さを体験することができます。

貨幣袋の画像

ページ先頭へ

金塊・銀塊を触ってみよう!

本物の金塊(約15.9㎏)、銀塊(約33.5㎏)に直接触れることができます。

金塊・銀塊の画像

ページ先頭へ

しらべてミント君

現行貨幣の大きさ・重さ・素材を調べることができる機械です。

ミント君の画像

ページ先頭へ

パズルチャレンジコーナー

20円金貨・500円貨幣・寛永通宝・創業当時の貨幣製造工場を木製パズルにしました。チャレンジをお待ちしています。

チャレンジコーナー拡大の画像

チャレンジコーナーの画像

「2階展示室」へ戻る

「主な展示品」のページへ

「造幣博物館(本局)」のページへ