カラーコインとは

近年、海外では、デザイン性を高めるために、色をつけた貨幣(カラーコイン)の発行が行われています

造幣局でも、青森県で開催されたアジア冬季競技大会の記念貨幣に、日本の貨幣として初めてカラー印刷を施しました。

印刷方法には、パッド印刷という方法を利用して色をつけています。パッド印刷には、色の表現方法の違いによって、大きく2種類の方法があります。

1つ目は、あらかじめ調合した単色の組み合わせで色を表現する方法です。日本初のカラーコインである、第5回アジア冬季競技大会の記念貨幣は、この方法を利用して製造されました。

アジア冬季競技大会記念貨幣は、アジア冬季競技大会のシンボルマークと、青森県を象徴する“りんご”を図案化したものに、下の図のように左から順番に白、赤、濃い赤、青、の4色をつけた図柄となっています。

彩色無しの画像白の画像赤の画像濃い赤の画像青の画像

2つ目は、色の三原色などを用いて、網点の数や大きさで色彩や濃淡を表現する方法です。奄美群島復帰50周年記念貨幣はこの方法を利用して製造されました。

奄美群島復帰50周年記念貨幣の画像

「貨幣セットの豆知識」のページへ