アクセシビリティについて

本ホームページのウェブアクセシビリティに対する考え方について、掲載しています。

ウェブアクセシビリティに対する考え方

造幣局の発信する情報やサービスは、利用したい方誰もが利用できなければなりません。
造幣局では、公式ホームページで提供する情報やサービスを、誰もが支障なく快適に利用いただけるように、以下の方針で制作し運用していきます。

規格への準拠

造幣局の公式ホームページは、障害者・高齢者のホームページの利用に配慮する指針である日本工業規格「JIS X 8341-3:2010」に準拠し、規格の示す要件に従って、できる限りの対応を行います。
また、造幣局の公式ホームページは、総務省「みんなの公共サイト運用モデル改定版(2010年度)」に基づいた企画・制作・運用の管理を行うことで、ウェブアクセシビリティの維持・向上を目指しています。

配慮の対象

利用する方の使用環境等に関わらず、ホームページの情報が得られ、サービスを利用できるような配慮に努めます。
特に、障害のある方、年配の方が、身体的な制約等が原因で利用できないということが起きないよう、できる限り配慮します。

配慮の内容

2013年1月にリニューアルし公開したホームページでは、総務省「みんなの公共サイト運用モデル改定版(2010年度)」に基づき、「JIS X 8341-3:2010」達成等級AAに準拠しました。
「JIS X 8341-3:2010」の箇条8に基づき、試験を行った結果を本ページにて公開しています。

読めない、使えない、使いにくいと感じた場合は

造幣局公式ホームページを利用した際、もしも情報が得られなかったり、操作ができなかったりした場合はお知らせください。また、ホームページへのご意見・ご要望もぜひお寄せください。

問い合わせ受付メール:お問い合わせフォーム

用語の説明

ウェブアクセシビリティ

ホームページ等を利用しているすべての人が、心身の条件や利用する環境に関係なくホームページ等で提供されている情報や機能に支障なくアクセスし、利用できること。

日本工業規格JIS X 8341-3:2010

2010年8月20日に改正されたウェブアクセシビリティに関する日本工業規格(JIS)。正式名称は、JIS X 8341-3:2010『高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス-第三部:ウェブコンテンツ』。

JIS X 8341-3:2010に基づく試験結果表示

達成した等級

達成等級AA

試験を行ったページのURLリスト

別紙(試験を行ったページのURLリスト)
別紙(プログラムによるチェックを行なったページのURLリスト)

例外事項

日本語版のKids のコンテンツおよびフラッシュ、ムービーファイルの提供に伴う不適合

依存したウェブコンテンツ技術

HTML 1.0 Transitional、CSS 2、JavaScript

達成基準チェックリスト

達成基準チェックリスト [PDF]

試験実施期間

2012年12月1日から2013年1月16日まで

JIS X 8341-3:2010に準拠とは

本ページにおける「JIS X 8341-3:2010 に準拠」という表記は、情報通信アクセス協議会ウェブアクセシビリティ基盤委員会「ウェブコンテンツのJIS X 8341-3:2010 対応度表記ガイドライン 第1版 – 2010年8月20日」で定められた表記によります。
(URI http://www.ciaj.or.jp/access/web/docs/jis2010-compliance-guidelines/index.html)

情報通信アクセス協議会ウェブアクセシビリティ基盤委員会「ウェブコンテンツのJIS X 8341-3:2010 対応度表記ガイドライン 第1版 – 2010年8月20日」

お問い
合わせ先
総務課広報室(事業案内担当)
TEL.06-6351-6150
FAX.06-6351-5481
*お掛け間違いのないように、ご注意ください。