コンプライアンスへの取り組み

  1. コンプライアンスの基本方針
    • 造幣局は、貨幣製造など社会的に重要な業務を行っていることを自覚し、コンプライアンスを経営上の重点項目として取組みます。
    • 役職員は、いわゆる法令遵守はもとより、社会の構成員としての国家公務員、社会人として求められる価値観・倫理観によって誠実に行動します。
  2. コンプライアンス推進体制
     造幣局では、平成21年4月にコンプライアンス委員会を設置し、コンプライアンスへの取組みの推進を図っています。
  3. 造幣局コンプライアンス・マニュアル
     造幣局では、造幣局コンプライアンス・マニュアルを策定し、役職員はこのマニュアルに則って行動します。