500円ニッケル黄銅貨幣を解剖する 潜像加工のヒミツ 斜めギザのヒミツ 微細点のヒミツ 微細線のヒミツ
ヒミツの数字でお金を守る、潜像加工
見る角度によって数字が見え隠れ 貨幣を見る角度、つまり光の入射角、反射角による反射光の明暗の差による現象を応用したものです。

英国の2ポンド貨をはじめ諸外国の貨幣にも使用されていますが流通貨幣としての発行は数例のみとなってます。
世界初500円の斜めギザとは?
大量生産型貨幣では世界初の斜めギザ 貨幣側面のギザを斜めにすることで偽造抵抗力が向上します。

500円ニッケル黄銅貨幣は大量生産型の貨幣では世界初の斜めギザを施した貨幣です。
桐の葉に隠れた職人技。微細点加工とは?
複製加工対策としての微細点 転写等による偽造を防ぐため貨幣模様の中央部(桐部)に微細な穴加工を行ったものを微細点と呼んでいます。

微細加工における最先端技術を使用したもので偽造を防ぐ効果は非常に高いものとなります。
髪より細いミクロの世界。微細線加工とは?
切削加工の限界に挑んだ微細線加工 上下文字部「日本国」「五百円」の周りに扇状に微細な線模様を施しています。

微細線は髪の毛より細く金属彫刻における最先端技術を使用したもので偽造を防ぐ効果は非常に高いものとなります。