造幣博物館のオープニングセレモニーについて(2009年4月23日)

平成21年4月23日
独立行政法人造幣局

造幣博物館のオープニングセレモニーについて

桜の通り抜け通路にある造幣博物館は、昭和44年の開館から40周年を迎えることを記念して改修するため、平成19年12月から閉館し、構内の別の場所にある仮設博物館にて展示をしておりましたが、展示方法等を一新して、平成21年4月28日(火)13時からオープンいたします。オープンに先立ちまして、下記のとおりオープニングセレモニーを開催いたしますので、お知らせいたします。

1.日時 平成21年4月28日(火曜日)10時30分から
2.場所
造幣博物館
独立行政法人造幣局内(大阪市北区天満1-1-79)
3.所要時間 約30分
4.テープカット
(予定)
脇田修大阪歴史博物館館長
篠崎由紀子キッズプラザ大阪館長
宮下実天王寺動物園園長
大谷シゲ特別養護老人ホーム・みのり苑代表
大阪市立滝川小学校6年生男女代表
新原芳明独立行政法人造幣局理事長
5.内覧会 11時から
6.一般公開 13時から

7.リニューアルの概要

  • 最新の展示技術を駆使して貨幣の美しさを引き出し、来館者が貨幣の魅力を堪能していただけるギャラリー空間の実現写真1
  • 模型と映像を組み合わせ、来館者が音や照明の演出で楽しんでいただける展示の実現写真2
  • 来館者を出迎える開放的な吹き抜け空間の新設写真3
  • 身体障害者、高齢者、子供、外国人(英語・中国語・韓国語による音声ガイダンス)を含め多くの皆様に楽しんでいただける展示
  • 環境に配慮した設計(LED照明の採用)

「トピックス」のページへ