花のまわりみち、日時のお知らせ
花のまわりみち(広島)

令和2年の花のまわりみちは新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、開催を中止いたしました。
何卒ご理解いただきますようよろしくお願い申し上げます。
令和3年の花のまわりみちの開催期間につきましては、令和3年3月中旬頃に決定の予定です。

桜情報

今年の花は「八重紅虎の尾(やえべにとらのお)」です。

造幣局広島支局では、花のまわりみちの桜に親しみを持っていただくため、数多くの桜の品種のうちから1品種を「今年の花」として選び毎年ご紹介しています。

八重紅虎の尾

「八重紅虎の尾」は、古くから京都で栽培されていた桜といわれ、その咲く有様は虎の尾のようで、花は淡紅色です。

今年は新たに「平野妹背(ひらのいもせ)」が登場します。

平野妹背

「平野妹背」は、京都平野神社境内にあった桜です。花は紫味を帯びた淡紅色で、開花につれ淡紅白色になります。花弁数は22~25枚で、花は横向き又は下向きに咲きます。

桜の種類、写真や本数については「花のまわりみち桜樹一覧表」をご覧ください。

トップに戻る

花のまわりみちフォト

トップに戻る