日本国際博覧会金貨幣

2005年日本国際博覧会記念貨幣は、平成16年5月21日、財務省からその発行が発表され、当局において販売を行ったものです(販売は全て終了しております。)。

この記念貨幣は、貨幣としての通用力は額面価格の1万円ですが、製造費用が額面価格を越えるもので、当局が額面価格以上で販売する、いわゆるプレミアム型の記念貨幣となっておりました。

素材
品位(千分中) 純金
量目 15.6グラム
直径 26mm
発行年 平成16年

記念貨幣のデザイン

(デザイン 表)地球とその自然

  • 地球とその自然 地球を取り巻く太陽、月、雲、雨、水の流れなど
  • 地球にすまう生命 愛知県の県鳥である「コノハズク (フクロウ科)」で象徴

を配することにより、「自然が有している素晴らしいしくみ、生命の力」を表現しており、地球にすまう「コノハズク」の親子は「人間と地球の共生」及び「人類の平和的な結びつきや自然への慈しみの心」をも象徴しています。また、2005年日本国際博覧会愛称ロゴタイプである「愛・地球博」を配しています。

日本国際博覧会記念1万円金貨幣 表のデザインの画像

(デザイン 裏)シンボルマークと大地

2005年日本国際博覧会のシンボルマークと、国内第5回目の国際博覧会の開催にちなみ、5本のストライプを配することによって、「大地」を表現しています。

日本国際博覧会記念1万円金貨幣 裏のデザインの画像

(デザイン 側面)斜めギザ

日本国際博覧会記念1万円金貨幣 側面のデザインの画像

「貨幣セットの豆知識」のページへ