• HOME
  • > 更新情報 > トピックス > 地方自治法施行60周年記念貨幣(富山県分、鳥取県分、熊本県分)打初め式における打初め者について(2011年5月13日)

地方自治法施行60周年記念貨幣(富山県分、鳥取県分、熊本県分)打初め式における打初め者について(2011年5月13日)

平成23年4月22日に報道発表しました「地方自治法施行60周年記念貨幣の打初め式について」における打初め者につきまして、下記のとおり決定しましたので、お知らせします。なお、鳥取県の打初め者については、平井鳥取県知事から藤井鳥取県副知事に変更となりました。

4.打初め者 石井隆一(いしいたかかず)富山県知事
※「たかかず」の「たか」の漢字は、正しくは「隆」の「生」の上に「―」が入った字体です。ホームページでは、この字体を表示できないため、「隆」を用いています。
藤井喜臣(ふじいきしん)鳥取県副知事
蒲島郁夫(かばしまいくお)熊本県知事
尾立源幸(おだちもとゆき)財務大臣政務官
森田高(もりたたかし)総務大臣政務官
新原芳明(しんはらよしあけ)独立行政法人造幣局理事長
※尾立財務大臣政務官、森田総務大臣政務官につきましては、国会対応等の関係で出席できなくなる可能性もあります。

地方自治法施行60周年記念貨幣(富山県分、鳥取県分、熊本県分)の打初め式について

「トピックス」のページへ