• HOME
  • > 更新情報 > トピックス > 第67回国際通貨基金・世界銀行グループ年次総会での製品見本の提供について(2012年9月7日)

第67回国際通貨基金・世界銀行グループ年次総会での製品見本の提供について(2012年9月7日)

独立行政法人造幣局及び独立行政法人国立印刷局は、本年10月12日(金曜日)から14日(日曜日)までの間、東京で開催される「第67回国際通貨基金・世界銀行グループ年次総会」において、将来的な海外からの製品受注を目的として、両局の通貨製造技術や高いデザイン性を諸外国に紹介するための通貨製品見本を各国の財務大臣や中央銀行総裁等に提供しますので、お知らせします。

第67回国際通貨基金・世界銀行グループ年次総会へ提供する製品見本(イメージ)

○造幣局から提供する製品見本(貨幣タイプ)

1.高額貨幣タイプ見本
図柄 表面 裏面
高額貨幣タイプ(表面)の画像 高額貨幣タイプ(裏面)の画像
0系新幹線、富士山 60th
デザインには、世界銀行の融資により建設された東海道新幹線の車両(O系)と富士山を採用、裏面の「60th」は、本年が日本の国際通貨基金及び国際復興開発銀行加盟60周年に当たることを表現しています。
外輪部は白銅―銅―白銅の3層構造となっており、中心部の素材はニッケル黄銅。偽造防止技術として、微細線、微細点、微細文字などを施しています。
素材 白銅、銅、ニッケル黄銅
品位 銅77.2%、ニッケル15.6%、亜鉛7.2%
量目 7.3g
サイズ 26.5mm
偽造防止技術等 ・バイカラー・クラッド
・微細線
・微細点
・微細文字
・異形斜めギザ
2.低額貨幣タイプ見本
図柄 表面 裏面
低額貨幣タイプ(表面)の画像 低額貨幣タイプ(裏面)の画像
SDR、桜
表面には日本を代表する「桜」をデザインしています。
アルミニウム製のこの見本にも、偽造防止技術として微細線、微細点を施しています。
素材 アルミニウム
品位 アルミニウム100%
量目 1.7g
サイズ 22.6mm
偽造防止技術等 ・微細線
・微細点

「トピックス」のページへ