ミャンマー記念銀貨幣をロゴマーク作成者へ贈呈しました(2014年11月26日)

造幣局がミャンマー中央銀行より製造を受注した「日・ミャンマー外交関係樹立60周年」ミャンマー記念銀貨幣について、平成26年11月24日(月曜日)、樋口建史駐ミャンマー日本国特命全権大使から「日・ミャンマー外交関係樹立60周年」のロゴマークの作成者であるコー・コー氏に対し、贈呈を行いました。

(写真)「贈呈風景」
(写真左側)コー・コー氏
(写真右側)樋口建史駐ミャンマー日本国特命全権大使

「日・ミャンマー外交関係樹立60周年」ミャンマー記念銀貨幣のデザインは造幣局が作成し、ミャンマー中央銀行が承認したものであり、その裏面には、コー・コー氏が作成した「日・ミャンマー外交関係樹立60周年」ロゴマークをデザインしています。

「日本・ミャンマー外交関係樹立60周年」ミャンマー記念銀貨幣のデザイン
日本ミャンマー外交関係樹立60周年記念銀貨幣の画像
  • (左・表面)
    世界三大仏教遺跡の一つと称されるバガン遺跡をデザインしています。
  • (右・裏面)
    コー・コー氏が作成した「日・ミャンマー外交関係樹立60周年」ロゴマークのほか、両国を代表する花(桜とパダウ(和名:インド紫檀))をデザインしています。

本ロゴマークは、在ミャンマー日本国大使館がミャンマー文化省にその作成を依頼した結果、ヤンゴン国立文化芸術大学内でコンペが実施され、同大学内で選定された5つの作品の中から最終的に選定されたものです。

「日・ミャンマー外交関係樹立60周年」ミャンマー記念銀貨幣の製造受注の詳細については、以下のページをご覧ください。
財務省ウェブサイト(ミャンマー中央銀行から記念銀貨幣の製造を受注しました)

※「日・ミャンマー外交関係樹立60周年」ミャンマー5,000チャット記念プルーフ銀貨幣の詳細については、こちら「日・ミャンマー外交関係樹立60周年」ミャンマー5,000チャット記念プルーフ銀貨幣の通信販売についてをご覧ください。

「トピックス」のページへ