• HOME
  • > 更新情報 > 販売ニュース > 天皇陛下御在位20年記念プルーフ貨幣セットの通信販売について(再報道のお願い)及び地方自治法施行60周年記念貨幣(茨城県分、奈良県分)の打初め式における打初め者について(2009年9月10日)

天皇陛下御在位20年記念プルーフ貨幣セットの通信販売について(再報道のお願い)及び地方自治法施行60周年記念貨幣(茨城県分、奈良県分)の打初め式における打初め者について(2009年9月10日)

天皇陛下御在位20年記念プルーフ貨幣セットの通信販売について(再報道のお願い)

天皇陛下御在位20年は、すべての国民にとっての御慶事であり、この御慶事を記念して発行される記念貨幣を、国民の皆様に広く知っていただきたいと考えています。
8月24日に「天皇陛下御在位20年記念プルーフ貨幣セット」の通信販売の発表を行った際には、報道各社に取り上げていただきましたが、見落とされた方もおられる可能性がありますので、国民の皆様に広く知っていただくために、改めて販売についてお知らせするものです。
同セットは、去る8月24日から申込み受付を開始しており、締切りは9月17日(消印有効)までとなっています。
なお、販売要領は下記のとおりです。

天皇陛下御在位20年記念プルーフ貨幣セットの通信販売について

「販売ニュース」のページへ

地方自治法施行60周年記念貨幣(茨城県分、奈良県分)の打初め式における打初め者について

「地方自治法施行60周年記念貨幣(茨城県分、奈良県分)の打初め式」については、去る8月26日に報道発表したところですが、打初め式における打初め者につきまして、下記のとおり決定しましたので、お知らせします。

打初め者 橋本昌(ハシモトマサル) 茨城県知事
荒井正吾(アライショウゴ) 奈良県知事
宮内豊(ミヤウチユタカ) 財務省大臣官房審議官
久元喜造(ヒサモトキゾウ) 総務省自治行政局長
新原芳明(シンハラヨシアケ) 独立行政法人造幣局理事長

地方自治法施行60周年記念貨幣(茨城県分、奈良県分)の打初め式について

「トピックス」のページへ