せかいいさん・かへいセット

① 法隆寺地域ほうりゅうじちいき仏教建造ぶっきょうけんぞう

法隆寺ほうりゅうじ飛鳥時代あすかじだい姿すがたいまつたえる世界せかいもっとふる木造建築もくぞうけんちくとしてひろられています。法隆寺ほうりゅうじは、いったん焼失しょうしつしたのち、7世紀後半せいきこうはん再建さいけんされたものとかんがえられています。境内けいだいには飛鳥時代あすかじだい中心ちゅうしんとした建造物けんぞうぶつおおくありますが、それらは、とう金堂こんどう中心ちゅうしんとする西院伽藍さいいんがらんと、夢殿ゆめどの中心ちゅうしんとする東院伽藍とういんがらんけられます。

イメージ画像 イメージ画像
イメージ画像

Copyright 1999 - 2014 by Japan Mint