桜の通り抜けの最新ニュース
最新ニュース

桜の通り抜けは、平成29年4月11日(火曜日)から4月17日(月曜日)までの7日間です。
平日は午前10時から午後9時まで
土曜日・日曜日は午前9時から午後9時まで

平成29年特別観桜会の申込み受付は終了致しました。

平成29年の桜の通り抜けは4月17日をもちまして終了いたしました。ご観桜いただきまして、誠にありがとうございました。

桜情報

今年の花は「鬱金(うこん)」です。

造幣局では、通り抜けの桜に親しみを持っていただくため、数多くの桜の品種のうちから一種を「今年の花」として選び毎年紹介しています。

鬱金

「鬱金」は、古くから知られた桜で、江戸時代に京都知恩院に植えられていたといわれ、樹姿は直立高木で、花は淡黄緑色のショウガ科のうこんの根の色に似ていることから、この名がつけられました。花弁数は10~15枚あります。

今年の桜は134種350本です。

桜の種類、写真や本数については「桜の通り抜け桜樹一覧表」をご覧ください。

今年の桜の通り抜けには、新たに「玖島桜(くしまざくら)」が登場します。

玖島桜

「玖島桜」は、長崎県大村公園(玖島城跡)発祥の桜で、1本の木に咲く花の約半数が二段咲きです。二段咲きとならない花は普賢象に似ますが、花弁数は約40~50枚あります。

トップに戻る

桜の通り抜けフォト

桜の通り抜け時の様子の写真(平成29年4月17日撮影)

桜の通り抜けの様子(平成29年4月17日撮影)

トップに戻る

期間中の入場累計
入場者数累計
4月11日(火曜日) 30,090人
4月12日(水曜日) 97,660人
4月13日(木曜日) 117,520人
4月14日(金曜日) 123,670人
4月15日(土曜日) 152,550人
4月16日(日曜日) 179,130人
4月17日(月曜日) 30,500人
期間累計 731,120人

トップに戻る