桜の通り抜け
桜樹一覧表 [う]


鬱金(うこん)

鬱金(うこん)

古くから知られた桜で、江戸時代に京都知恩院に植えられていたといわれ、樹姿は直立高木で、花は淡黄緑色のショウガ科のうこんの根の色に似ていることから、この名が付けられた。花弁数は10~15枚ある。

本数:7本


トップに戻る

雨情枝垂(うじょうしだれ)

雨情枝垂(うじょうしだれ)

詩人の野口雨情氏の邸内(現在の宇都宮市鶴田町)にあったところから、その名が付けられた。花は淡紅色で、花弁数は20~26枚ある。

本数:1本


トップに戻る

渦桜(うずざくら)

渦桜(うずざくら)

東京荒川堤に元々あった桜とされている。花名はしわのある花弁が渦を描くように、ややらせん形に並ぶことによる。淡紅色の八重咲で、花弁数は30枚程度である。

本数:1本


トップに戻る

浦和(うらわ)

浦和(うらわ)

浦和の桜愛好家が育成した品種で、花は淡紅色である。

本数:3本


トップに戻る