桜の通り抜け
桜樹一覧表 [て]


手毬(てまり)

手毬(てまり)

古くからの桜で、江戸期の園芸書「花壇網目」に記述があるとされている。花がまとまって付き、てまりの様になる。淡紅色の八重咲で、花弁数は10数枚である。

本数:1本


トップに戻る