桜の通り抜け
桜樹一覧表 [す]


水晶(すいしょう)

水晶(すいしょう)

花は、白色で小輪ではあるが気品が高い。花の外側はわずかに淡紅色を帯び、散る間際になると中心が紅色を帯びる。花弁数は20~50枚で、先端に切込みが多く変化に富んでいる。

本数:1本


トップに戻る

須磨浦普賢象(すまうらふげんぞう)

須磨浦普賢象(すまうらふげんぞう)

平成2年4月、兵庫県神戸市の須磨浦公園において「普賢象」の枝変わりとして発見された。花色が黄緑色に変化したもので、開花終期には花弁の基部から赤色に変色する。

本数:2本


トップに戻る

墨染(すみぞめ)

墨染(すみぞめ)

東京荒川堤にあった桜で、花は淡紅白色、直径は大きく4cm、一重の里桜。若葉の色がやや暗い感じがするところから、この名が付けられた。

本数:1本


トップに戻る