桜の通り抜け
桜樹一覧表 [し]


塩竈桜(しおがまざくら)

塩竈桜(しおがまざくら)

仙台塩竈神社にあった八重桜で、大輪の花が密生して咲く。花は淡紅色で、花弁数は35~50枚で縦しわがあり、先端は切れ込みが多く、雌しべが緑色葉化している。

本数:2本


トップに戻る

静香(しずか)

静香(しずか)

北海道松前町で「天の川」と「雨宿」を交配から選出育成された桜。花は白色で、花弁数は15~20枚あり、芳香がある。

本数:2本


トップに戻る

枝垂桜(しだれざくら)

枝垂桜(しだれざくら)

彼岸桜の突然変異品で、幹の高い所から枝が横に広がりそれより細い枝が長く垂れ下がって誠に優美である。花は一重の淡桃色である。

本数:2本


トップに戻る

芝山(しばやま)

芝山(しばやま)

東京荒川堤にあった一重の桜で、つぼみは極淡桃色で、開花後白色となり少し香りがある。

本数:2本


トップに戻る

朱雀(しゅじゃく)

朱雀(しゅじゃく)

昔、京都朱雀にあった有名な桜で、直径約4cm、花弁数は10枚程あり、花は淡紅色で、外弁はやや濃紅、やや垂れ下がって咲く。

本数:3本


トップに戻る

十六日桜(じゅうろくにちざくら)

十六日桜(じゅうろくにちざくら)

松山市の龍隠寺(廃寺)にあった桜で、桜花を見ずに死ぬのは心残りという病父の望みをきいて、孝子吉平が桜に祈念したところ、旧暦正月16日というのに桜を咲かせたという伝説のある桜。花は、白色で一種の里桜である。

本数:1本


トップに戻る

数珠掛桜(じゅずかけざくら)

数珠掛桜(じゅずかけざくら)

新潟県京ケ瀬村の梅護寺にある桜で、花は淡紅色黄桜系で、親鸞聖人が桜の枝に数珠をかけられたという故事から、この名が付けられた。花弁数は200枚程である。

本数:2本


トップに戻る

鐘馗(しょうき)

鐘馗(しょうき)

東京荒川堤にあった桜である。

本数:2本


トップに戻る

松月(しょうげつ)

松月(しょうげつ)

東京荒川堤にあった名桜で、平野神社の平野撫子に似ている。花は最初淡紅色で、次第に白色となり、花弁数は25枚程で、葉化雌しべがある。

本数:10本


トップに戻る

白雪(しらゆき)

白雪(しらゆき)

東京荒川堤にあった里桜系の名花で、花は白色の一重で、花つきが多い優美な品種である。

本数:2本


トップに戻る

白妙(しろたえ)

白妙(しろたえ)

東京荒川堤に移植された大島桜系の里桜の一種で、花は白色の大輪で、花弁数は10~15枚ある。

本数:2本


トップに戻る

心田(しんでん)

心田(しんでん)

京都嵯峨野の天龍寺にある塔頭慈済院の玄関脇の桜で、御所の御車返の一種である。慈済院の管主稲葉心田の名前から、この名が付けられた。

本数:1本


トップに戻る