桜の通り抜け
桜樹一覧表 [か]


春日井(かすがい)

春日井(かすがい)

奈良春日山の麓にあった桜を京都市の佐野藤右衛門氏が接木育成した桜。花は淡紅色で、花弁数は15~20枚の里桜。

本数:2本


トップに戻る

鎌足桜(かまたりざくら)

鎌足桜(かまたりざくら)

千葉県君津郡鎌足村(現在の木更津市)に古くからある桜で、花弁数は30~40枚あり、花弁の先が細く屈曲して鎌形をしている。花は淡紅色。

本数:3本


トップに戻る

寒桜(かんざくら)

寒桜(かんざくら)

寒緋桜と山桜の雑種といわれ、花は一重の淡紅色で、3月上旬に他の桜に先駆けて咲き始める。

本数:2本


トップに戻る

簪桜(かんざしざくら)

簪桜(かんざしざくら)

佐野藤右衞門氏が東北の旅の途中、見つけた桜で、花が婦人のかんざしに似ているところから、この名が付けられた。花は淡紅色で、花弁数は14~31枚。

本数:1本


トップに戻る

関山(かんざん)

関山(かんざん)

明治初年東京荒川堤の桜として有名になった桜で、花は濃紅大輪で、花弁数は30枚程度である。

本数:66本


トップに戻る

関東有明(かんとうありあけ)

関東有明(かんとうありあけ)

関東にあった有明桜で、淡紅白色の大輪の優美な花である。

本数:1本


トップに戻る