桜の通り抜け
桜樹一覧表 [い]


伊豆最福寺枝垂(いずさいふくじしだれ)

伊豆最福寺枝垂(いずさいふくじしだれ)

静岡県伊豆市の最福寺にある桜。枝は垂れ下がり、花は開花すると白色になる。花は大きく、その昔、満開の頃には、対岸の清水方面から見えたとの話がある。

本数:1本


トップに戻る

市原虎の尾(いちはらとらのお)

市原虎の尾(いちはらとらのお)

京都洛北市原にあった桜で、その咲く有様は虎の尾のようで、花は淡紅白色で、花弁数は30~40枚ある。

本数:1本


トップに戻る

一葉(いちよう)

一葉(いちよう)

東京荒川堤にあった里桜で、花芯から1本の葉化した雌しべがでるのでこの名がある。花は淡紅色で、花弁数は25枚程あり満開時には白味がかる。

本数:5本


トップに戻る

早晩山(いつかやま)

早晩山(いつかやま)

東京荒川堤にあった里桜で、花は大輪、花弁の先端に深い切り込みがあるのと花弁の中央に紅の縦線が入るのが特徴で、花は淡紅味を帯びた白色。

本数:2本


トップに戻る

糸括(いとくくり)

糸括(いとくくり)

江戸時代から知られている桜で、花は淡紅色、花弁数は10~15枚ある。

本数:2本


トップに戻る

妹背(いもせ)

妹背(いもせ)

花は濃淡になった紅色で、時に一つの花に実が二つ、対になってつくことから、この名が付けられた。花弁数は30枚程あり、二段咲きが見られる。

本数:5本


トップに戻る

伊予薄墨(いようすずみ)

伊予薄墨(いようすずみ)

松山市西法寺に原木のある桜で、花は淡紅色で、花弁数は10~20枚あり、小輪咲きの優雅な里桜。

本数:3本


トップに戻る