桜の通り抜け
桜樹一覧表 [は]


八天桜(はってんざくら)

八天桜(はってんざくら)

長崎県佐世保市木風町(きかぜちょう)に群生していた桜で、佐世保市八天岳の「八天宮」にちなんで、この名が付けられた。花は蕾のうちは淡紅色で、開花すると白色に近く、花弁数は約120枚である。

本数:1本


トップに戻る

花笠(はながさ)

花笠(はながさ)

北海道松前町で、「福禄寿」の実生から選出育成した大輪の美しい桜で、雌しべが葉化し、その形状が花笠に似ているので、この名が付けられた。花は紅色で、花弁数は30枚程ある。

本数:4本


トップに戻る

花染衣(はなぞめい)

花染衣(はなぞめい)

北海道松前町で育成された桜。花見時の衣装である花染衣(ハナゾメゴロモ)にちなみ、この名が付けられた。花は淡紅色の八重咲き、直径は4.5cmの大輪で、花弁数は40~60枚ある。

本数:2本


トップに戻る

林一号(はやしいちごう)

林一号(はやしいちごう)

仙台の植木屋林氏が初めて育成した新しい八重桜で、花弁数は25~30枚ある。花は淡桃色で楊貴妃に似ている。

本数:2本


トップに戻る

林二号(はやしにごう)

林二号(はやしにごう)

林一号に続き育成された八重桜で、花弁数は15~18枚ある。花は淡紅紫色をしている。

本数:2本


トップに戻る

萬里香(ばんりこう)

萬里香(ばんりこう)

東京荒川堤にあった桜で、香りが良いのでこの名が付けられた。花弁数は20~25枚ある。

本数:1本


トップに戻る