「特別展 中国地方(石見銀山他)にゆかりのある銀貨幣と七宝体験教室」の開催について(2007年11月2日)

特別展は終了いたしました。ご来場いただきまして、誠にありがとうございました。

造幣局広島支局は、多くの皆様に造幣事業に対する理解を深めていただくため、このたび、11月11日(日曜日)に地域の恒例行事である「佐伯区民まつり」が行われるのに併せ、特別展を開催することといたしました。

この特別展では、平成19年7月に世界遺産として登録された石見銀山に因んだ貨幣を始め、中国地方にゆかりのある銀貨幣を特別展示するともに、「七宝体験教室」を開催し、参加者に七宝の盛り付け作業を体験していただきます。
又、「お金の四方山話」として特別講演も開催いたします。

特別展の概要は下記のとおりです。

開催日時

平成19年11月9日(金曜日)~11月11日(日曜日)3日間
(期間中は、土曜日曜とも開館しています。)
午前9時30分~午後4時

開催場所

造幣局広島支局 造幣展示室
住所 広島市佐伯区五日市中央6丁目3番1号
電話 082-922-1597(直通)
交通機関については、展示室見学(広島支局)をご覧ください。
※造幣展示室には駐車場がございませんので、電車、バス等の公共交通機関をご利用下さい。

入場料

無料(七宝体験に参加される場合には参加料が必要)

特別展示品

「石州御公用切銀(せきしゅうごくようきりぎん)」などの銀貨幣11種類
※特別展示品は「造幣博物館」の所蔵(提供)品です。

七宝体験教室の開催

七宝体験教室を開催します。
(10日(土曜日)及び11日(日曜日)の2日間のみ)
※参加には材料費相当額の実費(300円)をいただきます。

特別講演「お金の四方山話会」の開催

11日(日曜日)のみ3回講演予定 ※1回約50人

その他

アンケートコーナー及び事業案内ビデオの放映

販売

造幣局製品(貨幣セット、金属工芸品)の販売を行います。

常設展示

  • 貨幣、勲章(現物を展示し、製造工程をパネルで紹介)
  • 金属工芸品(日本で開催されたオリンピックの入賞メダル等を展示)
  • 現在までに発行された記念貨幣、貨幣セット
  • 体験コーナー(貨幣袋・千両箱の重量体験)
  • かんてい君(貨幣の健康診断)
  • コイン君(貨幣の簡易選別機)

周辺地図

地図画像の画像

「特別展のお知らせ」のページへ