造幣博物館特別展「貨幣図案公募100年記念展」の開催について(2017年11月1日)

 造幣博物館は、昭和44年に開館し、大判、小判などの古銭をはじめ、国内外の貨幣、勲章、金属工芸品など約4,000点を展示しています。

 貨幣の図案は、新しい貨幣のほか、メダル等の金属工芸品のデザインを専門とする造幣局職員(デザイナー)が作成する場合と、一般から募集(公募)する場合があります。
 本年、平成29(2017)年は、大正6(1917)年に初めて貨幣の図案公募を実施して100年になります。
 今回の特別展は、これを記念し、これまでの貨幣の図案公募に関する資料を展示しております。これを機会に是非お立ち寄りください。
 皆様のご来館をお待ちしております。

ポスター[PDF]はこちら

※展示イメージ
展示イメージ1の画像 展示イメージ2の画像

開催期間

平成29年11月1日 (水曜日) から30日 (木曜日) まで
 ※期間中は休まず開館いたします。

期間中のイベント(参加料:無料)

期間中の11月3日(祝日)、4日(土曜日)、5日(日曜日)、18日(土曜日)、19日(日曜日)は、各種のイベントを開催いたします。
  • 1.ガイドツアー 3日(祝日)、4日(土曜日)、5日(日曜日)、18日(土曜日)、19日(日曜日)
    • ①11:30 ②13:00 ③14:30 ※所要時間約60分
    • 対象:どなたでも
    • 館内展示品の展示解説を行います。

  • 2.古文書解読 3日(祝日)、4日(土曜日)、5日(日曜日)、18日(土曜日)、19日(日曜日)
    • ①11:00 ②12:30 ③14:00 ④15:30 ※所要時間約30分
    • 対象:どなたでも
    • 造幣局創業当時の古文書の解読にチャレンジ!(初心者の方大歓迎)

  • 3.拓本作り体験 3日(祝日)、4日(土曜日)、18日(土曜日)
    • 9:30~15:30 ※所要時間約15分
    • 対象:どなたでも
    • 内容:寛永通宝や文久永宝などの古銭の拓本をとります。
        体験した拓本は“しおり”にして、お持ち帰りいただけます。
    • 拓本の写真

  • 4.鋳造体験 5日(日曜日)、19日(日曜日)
    • 9:30~15:30 ※所要時間約20分
    • 対象:小中学生(小学校低学年の方は、保護者同伴でお願いします。)
    • 内容:溶けた金属を鋳型に流して、富本銭や和同開珎のレプリカを作ります。
        体験したレプリカは、お持ち帰りいただけます。
    • 拓本の写真

    • 5.クイズラリー 3日(祝日)、4日(土曜日)、5日(日曜日)、18日(土曜日)、19日(日曜日)
      • 随時受付
      • 対象:小学生
      • (注)イベント開催日時及び内容は都合により、中止、変更する場合がございます。
           あらかじめご了承ください。

       開館時間

       午前9時から午後4時45分まで (入館は午後4時まで)

       開催場所

       造幣博物館  (造幣局構内)
      住所:大阪市北区天満1-1-79
      電話:06-6351-8509 (直通)

       入館方法

          平日は正門から、土曜日、日曜日及び祝日は北門から入っていただき、入館手続きをお願いいたします。
        正門、北門は、国道1号線沿いにございます。

       入館料

       無料

       主な展示品

      • 〇 近代貨幣 14点
      • 〇 現行貨幣  8点
      • 〇 記念貨幣 10点
      • 〇 応募作品 46点

       その他

         特別展開催期間中の祝日、土曜日及び日曜日は、通り抜け通路にございます「造幣局旧正門詰所」の内部を公開します。「造幣局旧正門詰所」は平成27年9月に国の史跡に指定されました。
        また、あわせてミントショップも営業いたします。造幣博物館にご来館の際には、ぜひお立ち寄りください。

      周辺地図

      地図画像の画像

      「特別展のお知らせ」のページへ