花のまわりみちとは?
花のまわりみちの沿革
沿革
大阪の「桜の通り抜け」で有名な造幣局から昭和42年に広島支局の構内に移植した桜が、 2年後には花を咲かせ、その後職員等の観桜の場として親しまれてきました。 平成3年4月に造幣局創業120年記念事業の一環として、樹勢もいよいよ盛んになってきた構内の桜を、 広島市民の皆さんに楽しんでいただこうと、“花のまわりみち”-八重桜イン広島-として一般公開を始めました。

トップに戻る

花のまわりみちの様子

毎年4月中旬~下旬の桜の開花時には、広島支局構内の一部を、八重桜を楽しまれる方々のために開放しています。 構内の桜は、関山、松月、普賢象などポピュラーなものから、大手毬、紅手毬など他ではあまり見られない珍しいものなど約60品種、 約220本を数えており、大半は遅咲きの八重桜で、大きな花びらは八重桜ならではの風情があります。 平成3年に開始した「花のまわりみち」も今では春を告げる恒例行事の一つとして、すっかり定着しています。

(写真)花のまわりみちの様子

トップに戻る