造幣東京フェア2010の開催について(2010年9月10日)

「造幣東京フェア2010」は終了いたしました。多数のご来場、ありがとうございました。

造幣局では事業内容や技術を皆様に紹介するため「造幣東京フェア」を毎年開催しております。
今年のフェアは、地方自治記念貨幣がバラエティに富んでいることから、どのようなデザインが使用されているかに焦点をあてて、「貨幣のデザインあれこれ」をテーマとして開催いたします。
期間中は、このテーマに沿った特別展示のほか、七宝体験コーナーやハンマープレス体験コーナーなど親子でも楽しめるイベントも企画しております。
フェアの概要は下記のとおりです。

1.開催期間 平成22年10月23日(土曜日)~24日(日曜日)
(入場無料)
2.開催時間 午前9時~午後4時30分(入場は午後4時まで)
(初日は、午前9時30分から開場)
3.会場 造幣局東京支局構内
東京都豊島区東池袋4-42-1
4.主催 独立行政法人造幣局
5.後援 文化庁、豊島区、(社)日本ジュエリー協会、(社)日本七宝作家協会、日本貨幣商協同組合
6.主なイベント
(1) テーマに沿った企画展示
(2) 各種体験
・七宝体験
・ハンマープレス体験
・貯金箱製作
(3) 工場見学の実施
・プルーフ貨幣製造工程
7.オープニングセレモニー
初日の10月23日(土曜日)午前9時15分からフェア会場において、関係者によるオープニングセレモニーを実施。
8.貨幣セットの販売について
フェア開催期間中は開催を記念した貨幣セットを会場内で販売。貨幣セット販売要領については後日発表。
造幣東京フェア貨幣セット販売予定数
通常貨幣セット 4,000セット
プルーフ貨幣セット 3,000セット

「イベントのお知らせ」のページへ