東日本大震災復興事業記念貨幣のデザインの公募結果等をお知らせします

平成24年3月26日
財務省
独立行政法人造幣局

東日本大震災復興事業記念貨幣のデザインの公募結果等をお知らせします

財務省及び独立行政法人造幣局は、平成27年度に発行する「東日本大震災復興事業記念貨幣」のデザインを平成24年2月22日から同3月21日までの間、募集したところですが、一万円金貨幣デザインで1,214件、千円銀貨幣デザインで1,429件ご応募頂きました。
多数ご応募頂き、誠にありがとうございました。
なお、今後、4月上旬までに財務省及び造幣局による予備審査とその結果公表を行います。
また、5月に有識者等によるデザイン検討会を行い、5月末頃に記念貨幣デザイン採用作品を決定する予定です。


復興記念貨デザイン公募結果について

独立行政法人造幣局

たくさんのご応募ありがとうございました

今回の公募の概要は以下のようなものでした。

区分 金貨 銀貨 合計
一般 小中学校等 一般 小中学校等
合計 401 813 1,214 281 1,148 1,429 2,643
  • 全国43都道府県の皆様から応募があり、また、小・中学校等は一括応募も受け付けましたが、沖縄県や八丈町(東京都)をはじめ全国の小学校48校、中学校36校から応募をいただきました。
  • 大きな被災地である岩手県、宮城県、福島県から全体の1割にあたる266作品の応募をいただいたほか、海外13か国(インド、ウクライナ、カザフスタン、スロバキア、ブラジルなど)からも応募がありました。
  • 8歳から81歳まで幅広い年齢層からの応募がありました。
  • 応募デザインの特徴として、東北地方の地図、手と手を繋いだもの、「絆」という文字をいれたものが比較的多くありました。